カテゴリー: 運用

■ 目次

  1. 概要
  2. Fluentdとは
  3. プラグインについて
  4. 環境準備
  5. アクセスログをファイルに出力させる

■ 概要

ログ収集管理ツールであるFluentdについてまとめます

どういうものかをまとめつつ簡単なサンプルを動かすところまで記述します

運用

■ 目次

  1. 概要
  2. お願い・注意
  3. 脆弱性について
  4. 脆弱性診断とは
  5. 脆弱性診断のはじめ
  6. ポートスキャンをする
  7. 脆弱性スキャンをする
  8. 参考

■ 概要

自分が持っているサーバに対して無料でセキュリティチェック(脆弱性診断)を行います

脆弱性について初期知識を学びつつ、実際にポートスキャンや脆弱性スキャンを行って自分のサーバは問題ないのかチェックまでしてみたいと思います

最近では、セキュリティ専門家の有志が脆弱性診断を実施する技術者を「脆弱性診断士」として必要なスキルを明文化する取り組みが行われていて将来的には資格化も目指しているらしいです

ちなみにJPCERTで脆弱性に関する情報をWebサイトで公開しているので定期的に確認するといいかもしれません

運用

運用

■ 目次

  1. 概要
  2. Docker Cloudとは
  3. アーキテクチャについて
  4. 料金について
  5. 使ってみる
  6. 参考

■ 概要

米国時間2016年3月1日に発表された

「Docker Cloud」について調べます

運用 開発

■ 目次

  1. 概要
  2. I/O Schedulerとは
  3. 並び替えアルゴリズムについて
  4. 設定例
  5. 効果測定方法
  6. 参考

■ 概要

今日はI/O Schedulerについて調べます

■ I/O Schedulerとは

前提として知っておきたい知識

ディスクI/Oが発生するとHDDヘッドが読み書きをする場所までヘッドをシークさせる時間がある
この時間は物理的な移動時間なので移動が少ないほどディスクI/Oの時間が少なくなる

ディスクIOスケジューラ

アプリケーションから発行された複数のI/O要求を並び替えてディスクのシーク量を減らすためのソフトウェア
ディスクI/Oのパフォーマンスがうまく出せていない時は考えてみると吉

運用

運用 開発

■ 目次

  1. 概要
  2. イメージ
  3. DockerHubを使ってみる
    1. 事前準備
    2. DockerHubとGitHubを連携
    3. Dockerfileの作成
  4. 参考

■ 概要

Docker入門の入門
Dockerコマンドを学ぶ
これまでDockerの概要と使い方について学んできましたが、今回はDockerHubとGitHubを連携してGitHubにあるDockerfileから自動でDockerHubリポジトリにimageを追加するやり方を学びます

続き → 個人開発環境作成のためのDockerfileメモ

運用 開発

■ 目次

  1. 概要
  2. おさらい
  3. インストール
  4. 最低限実行するコマンド
  5. その他コマンド

■ 概要

前回 Docker入門の入門 にて
Dockerがどういった物かについて調べたので今回は実際にどういうコマンドで実現していくかを見て行きます

続き → Docker Hubを使ってGitHubにあるDockerfileからimageを自動生成する
さらにその続き → 個人開発環境作成のためのDockerfileメモ

運用 開発

■ 目次

  1. 概要
  2. Dockerとは、Dockerについて
  3. メリット
  4. 登場人物
    1. image
    2. Docker Hub
    3. container
  5. イメージ
  6. 参考

■ 概要

Dockerについてまとめる

入門の入門なのでどんなことができるのかイメージができるぐらいを目指します

実際どんなコマンドを使って作業をしていくかなどは次回まとめたいと思います
続き→ Dockerコマンドを学ぶ
さらにその続き→ Docker Hubを使ってGitHubにあるDockerfileからimageを自動生成する
さらにその続き→ 個人開発環境作成のためのDockerfileメモ

運用 開発

■ 目次

  1. 概要
  2. ビルドツールとは
  3. インストール
  4. Hello World
  5. もう少し使ってみる
    1. タスクに引数を与える
    2. タスクの階層化
    3. 1度に複数のタスクを実行する
    4. 処理の切り出し
  6. 参考

■ 概要

ビルドツールである「Daiku」について紹介します

Infrastructure as Code(サーバ構築やデプロイなどをコードで管理する)が流行っている今以前紹介したFabricやDaikuなどが使えるのかなと思います

Daiku and Daikufile are now production ready
こちらによるとRakeの機能をだいたいパクったということでRakeのPerl版という位置づけみたいです

シェルを羅列できるので学習コストが低いのも利点の一つだと思います

運用