Simple IT Life Posts

■ 目次

  1. 概要
  2. Node-REDの作成
  3. LINE BOTを使うための準備
  4. Watson Conversationの設定を行う
  5. ここまでのおさらい
  6. Node-REDでWatson Conversationを使用する

■ 概要

LINE BOTを作成して受け取ったメッセージ内容を元にWatsonのAPIを叩いてよしなに返信をするようにする

最初なので挨拶からの好きなゲームに答えるだけのBOTとする

構成図としては以下のようにする

流れとして、LINE BOT上でWebhookが設定できるので作成するNode-REDのURLを登録して
Node-REDが叩かれた時にWatsonのAPIを叩く

そもそもWatsonが何かは以下のサイトで解説している

IBM Watson入門の入門 デモを試してWatsonがどんなものかのイメージを掴む

AI

■ 目次

  1. 概要
  2. 学習方法について
  3. 作成手順

■ 概要

Watson Conversationを使って会話を行うチャットボットを作成する
会話の内容としては、好きなゲームを聞かれたら「スプラトゥーン」と答えるだけの内容とする

そもそもWatsonが何かというのはこちらを参考にする

IBM Watson入門の入門 デモを試してWatsonがどんなものかのイメージを掴む

また次回の記事ではLINEボットの会話の返信をWatsonで行うまでの流れをまとめる
その時にNode-REDを使うのでNode-REDを使う前提で話を進める

従って以前作成したNode-REDの記事で
IBM BluemixでNode-REDのアプリケーションを作成するところまでは行っておくことを前提としておく

Node-RED入門の入門

Watsonが会話の返信内容をどのように作成するのか気になっているだけの人は
このまま読み進めるだけでわかるようにしておきます

作成するまでの流れとしてはWatson Conversation APIのサービスを立ち上げた後に
「Intents」「Entities」「Dialog」を設定して学習をさせていく

AI

■ 目次

  1. 概要
  2. LINE Messaging APIとは
  3. LINE Botを作成するための準備
  4. Node-REDを使ってBotがメッセージを受け取ったら返答する処理を作成する

■ 概要

LINE Messaging APIを使ってBotを作成する

今回はユーザーがBotに話しかけるとBotがオウム返しするだけの内容とする

使うまでの流れ

  1. LINE Botを使うための準備(アカウント作成など)を行う
  2. ユーザーからメッセージを受け取って返答する処理はNode-REDを使って実装する

AI クラウドサービス

■ 目次

  1. Node-Redとは
  2. ローカルのNodejs環境で使う
  3. IBM Bluemix上でNode-REDを使う

■ Node-REDとは

Node-REDとは、APIやオンラインサービス、デバイスなどの機能を繋げてアプリケーションを作成していくプラットフォーム

処理フローをブラウザの操作によって作成することができる

オープンソースソフトウェアで、Node.jsが動く環境なら何処でも動かせる

Node-REDを使う方法としては2種類あって、ローカルでNodejsの環境を準備して立ち上げる方法と
IBM Bluemixというクラウドサービス上に作成する方法があるので2種類それぞれを紹介する

また別記事でLINEのAPIとNode-REDを使ってBotが受け取ったメッセージをオウム返しさせた

LINE Messaging APIを使ってBotを作成する

クラウドサービス 開発

■ 目次

  1. Watsonとは
  2. どういうものが作れるか、実績
  3. Watson APIの種類
  4. 料金について
  5. デモを試す

■ Watsonとは

Watsonを開発したIBMはAIを「Artificial Intelligence(人工知能)」ではなく
「Augmented Intelligence (拡張知能)」として人間の知識を拡張し増強するものと考えている

つまりWatsonは、自然言語処理と機械学習を使用して人間の意思決定を支援するテクノロジー・プラットフォームである

Watson とは?

AI

■ 目次

  1. Codeception TestTools
  2. 使い方
  3. その他の拡張機能について

■ Codeception TestTools

Codeception TestToolsはChromeの拡張機能である

ブラウザの操作だけで受け入れテスト(Acceptance test)のソースを自動で書き起こすことができる

出来上がったソースコードを元に受け入れテストを拡充していくことができる

テスト

■ 目次

  1. 概要
  2. 作り方に関して
  3. ゼロからCodeceptionを追加する
    1. 準備
    2. 単体テスト追加
    3. 機能テスト追加

■ 概要

前回Codeceptionについてどんなテストがあるのかと実際に動くものを見てどんな感じなのかイメージを持ったので

今回は実際にテストが無いプロジェクトに対してCodeceptionを追加してみる

PHP Codeceptionテスト入門の入門

ゼロスタートということでどのように追加していくのか、またファイル構成を見ることを中心に解説を行う

テスト

■ 目次

  1. Codeceptionとは
  2. テストの必要性
  3. 単体テスト・機能テスト・受け入れテスト
  4. とりあえず使ってみる

■ Codeceptionとは

PHPのテストを簡単に行うためのテスティングフレームワーク
単体テスト、機能テスト、受け入れテストの3種類のテストを簡単に書くことができる

公式ドキュメントも日本語で読めるので敷居が低い
Codeception.docs.ja
しかしそれでも敷居が高い人や、使ってはいるけどあんまり理解していない人向けに簡潔にまとめていくこととする

Codeceptionはテストの実行環境としてPHPUnitを使用しているので、今まで PHPUnitを使っているテストでも、Codeceptionに移行するのは容易である。またテストを実行するためにPHPUnitを別途インストールする必要はない

実際にプロジェクトにCodeceptionを追加する話は次回としている

プロジェクトにCodeceptionテストをゼロから追加する

テスト

■ 目次

  1. 概要
  2. Guzzleを試してみる
  3. 非同期処理を試してみる

■ 概要

GuzzleとはHTTPリクエストを簡単に送信できるPHPのHTTPクライアントである

HTTPクライアントの中でも現在最も主流となっていて、複数のリクエストを並列で送信することもできる

Guzzleをとりあえず使うところから、並列リクエストの方法も書いてみる

Guzzleのドキュメント(英語)

開発

■ 目次

  1. 概要
  2. PaaSとは
  3. Google App Engineとは
  4. Google App EngineでHello World
    1. 初めに
    2. 準備
    3. サンプルアプリケーションを動かす
  5. アプリケーションをデプロイする
  6. UIを見てどんなことができるか確認する
    1. サービス
    2. バージョン
    3. インスタンス
    4. 設定
  7. 終わりに

■ 概要

前回の投稿でGoogle Cloud Platformの紹介からGoogle Compute Engineを使ってみるまでをまとめていた

Google Cloud Platform入門の入門

今回はGoogle App Engineを使ってみてPaaSとはどんなものなのかを学ぶ

実際にGoogle App Engineを触ってみるがGoogle Cloud SDKをCentOS6系に入れてCentOS上で開発することとする
また今回はPHP の言語を対象とするが他にもJava、Python、PHP、Goに対応している

クラウドサービス