触って覚えるReact ~ HelloWorld,コンポーネント基礎,state,prop ~

Published: 2017年1月22日 by tomsato

概要

Reactを触る、今回は以下について端的にどんなものかを学ぶ

  • Hello World
  • Reactでコンポーネントを作る
  • state,propについて

サンプルプログラムを自分の環境で簡単に用意して実際に動いているサンプルを見ながら概要を掴むことを目的とする

環境準備

検証環境について

$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.8 (Final)

npmを使うためnodejsを入れる

$ curl --silent --location https://rpm.nodesource.com/setup_6.x | sudo bash -
// LTS(Long-term Support)であるnodejs6系を使うこととする
$ sudo yum install -y --enablerepo=epel nodejs
$ node -v
v6.9.4

// サンプルを動かすためにhttp-serverを入れる
$ sudo npm install -g http-server

サンプルプログラムを準備

$ git clone https://github.com/tomsato/react-sample
$ cd react-sample
$ npm start

この状態で「http://localhost:3000/lesson/01」を開くとHello worldが表示される

hello01

サンプルプログラム

Lesson1

  • ReactのHelloWorld
    「container」のdiv要素にh1タグを描画している

Lesson2

  • コンポーネントの作成
    Reactはコンポーネントの組み合わせでアプリケーションを作成する
    この例ではHelloHeader,HelloFooterコンポーネントの2つを持つHelloAppコンポーネントをcontainerに描画させている

Lesson3

  • state,propについて
    Reactで用意しているデータを管理するための2つの変数について

props
コンポーネントは外部からプロパティを受け取って
それを表示させたりなどデータを扱うことができる
今回の例ではHelloAppコンポーネントに名前を渡して表示させる

state
そのコンポーネントが持っている状態で可変するデータを扱うことができる
今回の例ではstateデータとしてクリックカウント数を作成して表示させる

Share

最近の投稿

NetlifyのSplit TestingとFunctionsについて使い方をまとめる Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

NetlifyとはHTMLなどの静的コンテンツのみで構成されたWebサイトを閲覧できる形で配信するWebサービス GitHubやBitbucket、GitLabなどと連携して使うことができて、リポジトリにプッシュすることで自動でCI/CDを行うことができる、無料枠が豊富で独自ドメインを設定可能

WordPressからJekyll(GitHub Pages)に移行した手順をまとめる。 お金的な事情や使いやすさなどの理由で無料のJekyll+GitHub Pagesに移行した。JekyllとはMarkdown等から静的ページを生成する静的サイトジェネレータ

Scala開発のためにScalaらしさをまとめる 言語設計者の設計思想を元にScalaらしさについてまとめる オブジェクト指向と関数型の融合について

StorybookとはUI開発環境を提供するツール React、React Native、Angular、Vueなどをサポートしている ユーザーは独立した開発環境でコンポーネントを個別に作成して挙動の確認をテストできたり、コンポーネントを一覧にしてカタログ化できるので他の人に紹介する時に使えたりする

カテゴリ一覧

タグ一覧