create-react-appでReactの雛形を作成する


■ 目次

  1. 概要
  2. 環境準備
  3. 作成

■ 概要

Reactのサンプルを動かして初めてのReactとして理解を深めていく

generatorは色々ありそうだが今回はcreate-react-appを使って見る

■ 環境準備

検証環境について

$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.8 (Final)

npmを使うためnodejsを入れる

$ curl --silent --location https://rpm.nodesource.com/setup_6.x | sudo bash -
// LTS(Long-term Support)であるnodejs6系を使うこととする
$ sudo yum install -y --enablerepo=epel nodejs
$ node -v
v6.9.4

■ 作成

create-react-appコマンドでアプリケーションの雛形を作成する

$ sudo npm install -g create-react-app
$ create-react-app react-sample
$ cd react-sample
$ npm start

この状態でhttp://(サーバー名) :3000/にアクセスすると以下の画面が表示される
react01


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です