ブログサイト立ち上げまでのメモ

■ 目次

  1. 概要
  2. ブログサイト立ち上げまでのメモ

■ 概要

ブログサイト立ち上げまでのメモを残します

どういったものを使ってこのサイトをたちあげたのか

無駄に凝った部分もあるので忘れないための忘備録

■ ブログサイト立ち上げまでのメモ

1 環境準備

サイト立ち上げまでの準備

1.1 Amazon Web Serviceの登録をする

Amazon Web Servicesを使えるようにする

参考:【AWS】非エンジニアのための初めてのAmazon Web Services 資料をまとめてみた

使った分だけお金はかかるが変なことをしなければ1年間は無料キャンペーンがあるのでとりあえずは困らない

乗っ取られが怖いので2段階認証ぐらいはしておこう
参考:AWSアカウント作ったらこれだけはやっとけ!IAMユーザーとAuthyを使ったMFAで2段階認証

1.2 WordPressの準備

AMIMOTO AMI を使ってWordPress環境のサーバを準備する

「aws 網元」などで検索すると色々参考サイトが出てくるので色々見ておく

awsから網元を検索するときHVMやらHHVMやら何種類か種類があって困った… (結局HVMを選択した)
種類について参考:網元(AMIMOTO)ファミリーの紹介

AMIMOTOを使うのは有料で月に数百円程度かかることに注意

1.3 ドメインの取得

お名前.comやムームードメインなどあって有名なお名前.comでドメインを取得

しかしお名前.comはトラップがあったので次更新する時はムームードメインにしようと決意
参考:お名前.comでドメイン取得時にWhois情報公開代行を忘れると大損

1.4 HTTPS対応 and セキュリティ評価をA+にする

Googleの方針によりSSL化されたWebサイトをSEOの評価として優遇されるので一応対応しておく

参考:光の速さのWEBサーバー(nginx)をlet’s encryptでSSL化及びHTTP/2化。ついでにセキュリティ評価をA+にする。
let’s encryptで無料でSSL証明書が取得できる

2 WordPress プラグイン導入

使えるプラグインを抜粋

2.1 All In One SEO Pack

SEO対策のためのプラグイン

2.2 BackWPup

サーバがデスった時のバックアップ

awsのストレージを使っても良いけど週に1度Dropboxに保存させるようにした

2.3 Quick Adsense

Google Adsense使っている人は

2.4 SyntaxHighlighter Evolved

ブログ記事の中でコードを記載する時に活用できる

行番号表示、BashやPHPなど幅広いプログラミング言語に対応している

2.5 WP Social Bookmarking Light

ソーシャルボタンの配置

2.6 Jetpack by WordPress.com

画像ファイルなどが多いサイトに成る場合はCDNを使うとキャッシュを使う分高速になるのとネットワーク量が減るので良い
参考:手軽に使えるCDN、WordPress「Photon」プラグインを使ってブログを高速化

3 その他

SEO関連とか

3.1 Google Search Console

Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービス

SEOを意識している人は使った方が良い

Fetch as Googleを使ってGoogleインデックスに登録させたいURLを送信できる

3.2 Google アナリティクス

WEBアクセス解析ツール


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です