タグ: Watson

■ 目次

  1. 概要
  2. Node-REDの作成
  3. LINE BOTを使うための準備
  4. Watson Conversationの設定を行う
  5. ここまでのおさらい
  6. Node-REDでWatson Conversationを使用する

■ 概要

LINE BOTを作成して受け取ったメッセージ内容を元にWatsonのAPIを叩いてよしなに返信をするようにする

最初なので挨拶からの好きなゲームに答えるだけのBOTとする

構成図としては以下のようにする

流れとして、LINE BOT上でWebhookが設定できるので作成するNode-REDのURLを登録して
Node-REDが叩かれた時にWatsonのAPIを叩く

そもそもWatsonが何かは以下のサイトで解説している

IBM Watson入門の入門 デモを試してWatsonがどんなものかのイメージを掴む

AI

■ 目次

  1. 概要
  2. 学習方法について
  3. 作成手順

■ 概要

Watson Conversationを使って会話を行うチャットボットを作成する
会話の内容としては、好きなゲームを聞かれたら「スプラトゥーン」と答えるだけの内容とする

そもそもWatsonが何かというのはこちらを参考にする

IBM Watson入門の入門 デモを試してWatsonがどんなものかのイメージを掴む

また次回の記事ではLINEボットの会話の返信をWatsonで行うまでの流れをまとめる
その時にNode-REDを使うのでNode-REDを使う前提で話を進める

従って以前作成したNode-REDの記事で
IBM BluemixでNode-REDのアプリケーションを作成するところまでは行っておくことを前提としておく

Node-RED入門の入門

Watsonが会話の返信内容をどのように作成するのか気になっているだけの人は
このまま読み進めるだけでわかるようにしておきます

作成するまでの流れとしてはWatson Conversation APIのサービスを立ち上げた後に
「Intents」「Entities」「Dialog」を設定して学習をさせていく

AI

■ 目次

  1. Watsonとは
  2. どういうものが作れるか、実績
  3. Watson APIの種類
  4. 料金について
  5. デモを試す

■ Watsonとは

Watsonを開発したIBMはAIを「Artificial Intelligence(人工知能)」ではなく
「Augmented Intelligence (拡張知能)」として人間の知識を拡張し増強するものと考えている

つまりWatsonは、自然言語処理と機械学習を使用して人間の意思決定を支援するテクノロジー・プラットフォームである

Watson とは?

AI