PHP タグページ

Codeception TestToolsはChromeの拡張機能である ブラウザの操作だけで受け入れテスト(Acceptance test)のソースを自動で書き起こすことができる 出来上がったソースコードを元に受け入れテストを拡充していくことができる

実際にテストが無いプロジェクトに対してCodeceptionを追加してみる ゼロスタートということでどのように追加していくのか、またファイル構成を見ることを中心に解説を行う

PHPのテストを簡単に行うためのテスティングフレームワーク 単体テスト、機能テスト、受け入れテストの3種類のテストを簡単に書くことができる

GuzzleとはHTTPリクエストを簡単に送信できるPHPのHTTPクライアントである HTTPクライアントの中でも現在最も主流となっていて、複数のリクエストを並列で送信することもできる Guzzleをとりあえず使うところから、並列リクエストの方法も書いてみる

ユーザーから入力された値が問題ないかチェックするバリデーション処理を行うためのPHPライブラリであるRespect/Validationについて触ってみる バリデーション条件も多数あってそれを直感的に使用することができるため導入コストが少ないものとなっている

phpDocumentorとはクラスやメソッドの定義前にブロックコメントを決められた方式で記述していると、APIドキュメントを自動生成することができるツール 今回はそのphpDocumentorで記述する書式についてまとめる

Doctrineを使ってPHPからデータベースを操作する DoctrineとはORMツールである 今回はPHPのマイクロフレームワークであるSlimの中でDoctrineを使ったDB操作サンプルプログラムを試す

MySQL5.7系とPHP5.6系が入った環境をセットアップする 目的としてはPHP,MySQLの開発環境を用意することで、開発で使うであろうcomposerも用意する

JenkinsでSeleniumのテストを実行できるようする Jenkinsで行うということで画面が無いことからJenkinsサーバに仮想ディスプレイ(Xvfb)を入れてテストを行うことになる JenkinsやSelenium単体についてどういったものかはそれぞれ以下にまとめてあるので参考にしてほしい

PHPコードのチェックをPHP_CodeSnifferとPHPMDで行う 自動でチェックが走るようにGitのHooks機能機能を使ってcommit時に毎回確認するようにする

PHPのSlimフレームワークでMVCを実現させてみる 本サンプルではSlim-Skeletonでスケルトンを作成してから以下の変更を行っている

PHPのフレームワークとしてはCakePHP、CodeIgniter、Symfonyなどがあるが今回はSlimを使ってみる 特徴としては機能数が少ない分シンプルなので小規模のアプリケーション開発に向いている

FuelPHPに触る機会があったのでMVCについて調べつつ0から簡単に記述してみる Modelがデータ取得などデータを扱ってViewが表示部分を担当します ControllerがModelとViewの架け橋となって処理を行います メリットとしては「機能分離」と「再利用性」があります

PHPUnitとDBUnitを使ってMySQLのテストを行う(Oracleのテストもできる) テスト用のMySQLを用意してPHPUni+DBUnitでinsert,updateなどのテストを行って その後に意図したデータになっているか確認をすることができる

PHP5.6より対話型のデバッガーであるphpdbgが同梱されるようになった gdbみたいにブレークポイントなどを設定してステップ実行ができるので1度インストールができてしまえばXDebugよりも楽にデバッグを行うことができる

以前Perlのステップ実行方法をまとめましたが今回はPHPについてやり方を調べます、準備からステップ実行方法まで簡潔にまとめます。

前回説明した「PHPUnit入門の入門」をもう少し詳しく見てみる 主にモックとは何かについて調べたい

PHPUnitについて入門の入門としてまとめます ユニットテスト(単体テスト)とはクラスや関数などプログラムを構成する小さな単位(ユニット)で個々の動作を確認するためのテスト PHPUnitとはPHPでの単体テストをテストするツールである

最近の投稿

NetlifyのSplit TestingとFunctionsについて使い方をまとめる Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

NetlifyとはHTMLなどの静的コンテンツのみで構成されたWebサイトを閲覧できる形で配信するWebサービス GitHubやBitbucket、GitLabなどと連携して使うことができて、リポジトリにプッシュすることで自動でCI/CDを行うことができる、無料枠が豊富で独自ドメインを設定可能

WordPressからJekyll(GitHub Pages)に移行した手順をまとめる。 お金的な事情や使いやすさなどの理由で無料のJekyll+GitHub Pagesに移行した。JekyllとはMarkdown等から静的ページを生成する静的サイトジェネレータ

Scala開発のためにScalaらしさをまとめる 言語設計者の設計思想を元にScalaらしさについてまとめる オブジェクト指向と関数型の融合について

StorybookとはUI開発環境を提供するツール React、React Native、Angular、Vueなどをサポートしている ユーザーは独立した開発環境でコンポーネントを個別に作成して挙動の確認をテストできたり、コンポーネントを一覧にしてカタログ化できるので他の人に紹介する時に使えたりする

カテゴリ一覧

タグ一覧