タグ: LINE

■ 目次

  • 概要
  • LINEスタンプを作成するまでの流れ
  • 準備
    1. ガイドラインについて
    2. LINE Creators Marketに登録する
  • イラスト制作について
    1. イラスト作成の基本
    2. 今回試したイラスト制作の流れ
  • 審査

■ 概要

LINEのスタンプを自作する

イラストを作成してから公開するまでの流れをまとめる

そもそもイラストなんて描いたことが無かったのでイラストの描き方からまとめていく

→ LINEスタンプ「イカソクくん」販売中!!

良かったら是非!

イラスト

■ 目次

  1. 概要
  2. Node-REDの作成
  3. LINE BOTを使うための準備
  4. Watson Conversationの設定を行う
  5. ここまでのおさらい
  6. Node-REDでWatson Conversationを使用する

■ 概要

LINE BOTを作成して受け取ったメッセージ内容を元にWatsonのAPIを叩いてよしなに返信をするようにする

最初なので挨拶からの好きなゲームに答えるだけのBOTとする

構成図としては以下のようにする

流れとして、LINE BOT上でWebhookが設定できるので作成するNode-REDのURLを登録して
Node-REDが叩かれた時にWatsonのAPIを叩く

そもそもWatsonが何かは以下のサイトで解説している

IBM Watson入門の入門 デモを試してWatsonがどんなものかのイメージを掴む

AI

■ 目次

  1. 概要
  2. LINE Messaging APIとは
  3. LINE Botを作成するための準備
  4. Node-REDを使ってBotがメッセージを受け取ったら返答する処理を作成する

■ 概要

LINE Messaging APIを使ってBotを作成する

今回はユーザーがBotに話しかけるとBotがオウム返しするだけの内容とする

使うまでの流れ

  1. LINE Botを使うための準備(アカウント作成など)を行う
  2. ユーザーからメッセージを受け取って返答する処理はNode-REDを使って実装する

AI クラウドサービス