Docker タグページ

Dockerを使ってJenkinsとSelenium Gridを用意します Jenkins経由でSeleniumのテストスクリプトを実行させる

2016年3月1日に発表された「Docker Cloud」について調べます Docker CloudとはSaaS(Software as a Service)型のクラウドサービス Docker Cloudはコンテナの実行環境ではなく、対象となる実行環境は既存のクラウドやデータセンターに任せ、それを操作することになる

過去3回に渡ってDockerについて学んでいましたが個人開発環境を整えるためにDockerfileをカスタマイズする

これまでDockerの概要と使い方について学んできましたが、今回はDockerHubとGitHubを連携してGitHubにあるDockerfileから自動でDockerHubリポジトリにimageを追加するやり方を学びます

前回 Docker入門の入門 にてDockerがどういった物かについて調べたので今回は実際にどういうコマンドで実現していくかを見て行きます、主にDocker Hubからimageを取得してcontainerを立ち上げてDocker Hubに登録するところまでを学びます

Dockerとは仮想化環境を実現するためのツールである Dockerを使うことで1つのホストOS上で仮想的に複数のOSを動作させることができる 何を言っても簡単に実行できるのが良い

最近の投稿

Netlify Formsを使ってブログサイトにコメント機能を追加する方法を調べたので紹介 Netlify FormsはNetlifyに標準機能として用意されているフォーム機能 サーバレスなので別途コメント用にサーバを用意する必要がなくHTMLを埋め込むだけで準備できる

TypeScriptの入門の入門チートシート 型の種類や使い方についてまとめていくだけでなく、 TypeScriptについてや必要性などについてもまとめることでこのページでTypeScriptをざっくり理解できる程度の内容を目指す

NetlifyのFormsやSplit Testing、Functionsについて使い方をまとめる FormsはNetlifyに標準機能として用意されているフォーム機能でコメント保存用にサーバを用意する必要がない Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

NetlifyとはHTMLなどの静的コンテンツのみで構成されたWebサイトを閲覧できる形で配信するWebサービス GitHubやBitbucket、GitLabなどと連携して使うことができて、リポジトリにプッシュすることで自動でCI/CDを行うことができる、無料枠が豊富で独自ドメインを設定可能

WordPressからJekyll(GitHub Pages)に移行した手順をまとめる。 お金的な事情や使いやすさなどの理由で無料のJekyll+GitHub Pagesに移行した。JekyllとはMarkdown等から静的ページを生成する静的サイトジェネレータ

カテゴリ一覧

タグ一覧