Oracle タグページ

環境構築が面倒なOracleをDockerを使って簡単に用意してみる 前提としてDockerが使えるところまでは終わっていること

Oracleを11gから12cにアップデートする時に気をつける点を紹介します SQL的な観点で1点つまずいたのでそれについて 外部結合演算子を使う際に12cではORDER BY句の中で演算子は使えないみたいだった 使おうとするとORA-30563のエラーが出るので注意

Oracleのフェイルオーバーの設定について説明します 接続先が死んでいた際に自動的にフェイルオーバーさせます 接続時フェイルオーバー(CTF)について 透過的アプリケーション・フェイルオーバー(TAF)について SCANについて

以前パーティションについてまとめてみましたが パーティション化されたテーブルでインデックスを作成する際にローカルインデックスとグローバルインデックスがあるのでその違いについて調べます

Oracleのsequenceとは連番や飛び番を発行するための仕組み この仕組みを使うと一意の番号を簡単に自動生成してくれる MySQLでいうauto_increment的なもの

Oracleのダイレクトロードインサートについて調べます 素早いselect insertができるのでテーブルからテーブルへのコピーする時に使うといいかもしれません

パーテョションとはOracleで大きな表や索引をデータベース内部で複数に領域に分割して管理するための仕組み 例えば4半期毎にパーティションを分割させた場合 通常の[1つの表]->パーティション化すると->[[1-3月][4-6月][7-9月][10-12月]]などに分割させることができる

表領域は表や索引などのデータベースのオブジェクトを格納する入れ物と考えられる 各表領域に対して1つ以上のデータファイルが作成される データベースでは表(データ)を論理的には表領域に格納し、物理的には表領域に関連付けられたデータファイルに格納する

最近の投稿

NetlifyのSplit TestingとFunctionsについて使い方をまとめる Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

NetlifyとはHTMLなどの静的コンテンツのみで構成されたWebサイトを閲覧できる形で配信するWebサービス GitHubやBitbucket、GitLabなどと連携して使うことができて、リポジトリにプッシュすることで自動でCI/CDを行うことができる、無料枠が豊富で独自ドメインを設定可能

WordPressからJekyll(GitHub Pages)に移行した手順をまとめる。 お金的な事情や使いやすさなどの理由で無料のJekyll+GitHub Pagesに移行した。JekyllとはMarkdown等から静的ページを生成する静的サイトジェネレータ

Scala開発のためにScalaらしさをまとめる 言語設計者の設計思想を元にScalaらしさについてまとめる オブジェクト指向と関数型の融合について

StorybookとはUI開発環境を提供するツール React、React Native、Angular、Vueなどをサポートしている ユーザーは独立した開発環境でコンポーネントを個別に作成して挙動の確認をテストできたり、コンポーネントを一覧にしてカタログ化できるので他の人に紹介する時に使えたりする

カテゴリ一覧

タグ一覧