タグ: Ruby

■ 目次

  1. 概要
  2. YAMLとは
  3. YAMLをとりあえず書いてみる
  4. 参考

■ 概要

YAMLについて学びます

入門の入門なので簡潔にまとめます

■ Yamlとは

YAML Ain’t a Markup Language :YAMLはマークアップ言語ではないの意味

構造化されたデータを表現するためのデータ記法

似たようなものにはJSONやXMLなどがある

YAMLはどのような時に使うか

  • 各種設定ファイル
  • データ保存用・シリアライゼーション用
  • データ交換用フォーマット
  • ログファイル

XMLと比べた時の利点

  • 読みやすい (インデントでデータを階層化している)
  • 書きやすい (XMLとは違って終了タグがない)
  • わかりやすい (配列、ハッシュ、スカラーだけで表すので人間にとって理解しやすい)

Read More YAML入門の入門

設計

◼︎ 目次

  1. 概要
  2. 基本構文
    1. 出力
    2. 複数行コメント
    3. 変数代入
    4. 定数
    5. 数値演算
    6. 文字列操作
    7. 文字列と変数
    8. 配列
    9. ハッシュ
    10. オブジェクトの変換
    11. 条件分岐
    12. 三項演算子
    13. true, false
    14. ループ処理
    15. 関数
    16. クラス
    17. 継承
    18. アクセサ
  3. 参考

◼︎ 概要

Rubyを学ぶために基本的な使い方をまとめます

前提として他の言語とかで変数、ループ、条件分岐とか基本的なものは知っているけどRubyとしてはどう書くのか学びたい人向けの入門(仮)になります

Read More Rubyの基本構文を完結にまとめる

言語