YAML入門の入門

Published: 2016年3月6日 by tomsato

概要

YAMLについて学びます

入門の入門なので簡潔にまとめます

Yamlとは

YAML Ain’t a Markup Language :YAMLはマークアップ言語ではないの意味

構造化されたデータを表現するためのデータ記法

似たようなものにはJSONやXMLなどがある

YAMLはどのような時に使うか

  • 各種設定ファイル
  • データ保存用・シリアライゼーション用
  • データ交換用フォーマット
  • ログファイル

XMLと比べた時の利点

  • 読みやすい (インデントでデータを階層化している)
  • 書きやすい (XMLとは違って終了タグがない)
  • わかりやすい (配列、ハッシュ、スカラーだけで表すので人間にとって理解しやすい)

Yamlをとりあえず書いてみる

まずはYAMLファイルの準備から

$ cat data.yml
# シャープでコメントもできるよ
# -とd1の間の空白は必須
- d1
- d2
- d3

YAMLをRubyを使って解析する

$ cat parse.rb
require 'yaml'

d = YAML.load_file('data.yml')
p d

実行してみる

$ ruby parse.rb
["d1", "d2", "d3"]

YAMLのファイルが配列として出力されている

YAMLの書き方

YAMLは主にマッピング(ハッシュのこと)とシーケンス(配列のこと)の組み合わせでデータを表現する

マッピング

サンプル

$ cat data.yml
# 字下げをすると入れ子することができる
# タブは× 必ず空白で
# 基本は空白2文字
- d1
-
  - x1
  - x2
- d3

実行

$ ruby parse.rb
["d1", ["x1", "x2"], "d3"]

シーケンス

サンプル

$ cat data.yml
# key: value
name: tomsato
emails: 
  main: hoge@gmail.com
  sub: hoge-sub@gmail.com

実行

$ ruby parse.rb
{"name"=>"tomsato", "emails"=>{"main"=>"hoge@gmail.com", "sub"=>"hoge-sub@gmail.com"}}
 

参考

Share

最近の投稿

NetlifyのSplit TestingとFunctionsについて使い方をまとめる Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

NetlifyとはHTMLなどの静的コンテンツのみで構成されたWebサイトを閲覧できる形で配信するWebサービス GitHubやBitbucket、GitLabなどと連携して使うことができて、リポジトリにプッシュすることで自動でCI/CDを行うことができる、無料枠が豊富で独自ドメインを設定可能

WordPressからJekyll(GitHub Pages)に移行した手順をまとめる。 お金的な事情や使いやすさなどの理由で無料のJekyll+GitHub Pagesに移行した。JekyllとはMarkdown等から静的ページを生成する静的サイトジェネレータ

Scala開発のためにScalaらしさをまとめる 言語設計者の設計思想を元にScalaらしさについてまとめる オブジェクト指向と関数型の融合について

StorybookとはUI開発環境を提供するツール React、React Native、Angular、Vueなどをサポートしている ユーザーは独立した開発環境でコンポーネントを個別に作成して挙動の確認をテストできたり、コンポーネントを一覧にしてカタログ化できるので他の人に紹介する時に使えたりする

カテゴリ一覧

タグ一覧