cgdbを使ってプログラムのデバッグを行う

Published: 2016年3月8日 by tomsato

概要

cgdbを使ってC言語プログラムのデバッグを行う
gdbと違ってcgdbを使うとソースコードを見ながらプログラムのステップ実行が行える

test-thumbnail2

cgdbを使うための準備

yumを使ってcgdbをインストールする

$ sudo yum install cgdb -y

ついでにテストプログラムを用意する

#include <stdio.h>

int sum(int a, int b) {
    int total = 0;
    total = a + b;
    return total;
}

int main() {
    int test;

    test = sum(1, 2);
    printf("%d\n", test);
}

cgdbを使ってデバッグ

// テストのソースをコンパイル
$ gcc -g -O0 test1.c
// 一応正常に実行できることを確認する
$ ./a.out
3

// cgdbの起動
$ cgdb a.out

ここまで行うと冒頭の画像のような画面が表示されるはず

オプション 意味
-g ファイルにデバッグ情報を付加する。これがないとデバッグ時に変数名や行番号が表示されない
-O0 最適化を行わない。最適化を行うと、コードの入れ替えや削除が行われてしまい、デバッグしにくくなる

使い方について

// ブレークポイントの設定
// main関数をブレークポイントにしている
(gdb) break main

// main関数に入るまで実行させる
(gdb) run

// ステップ実行する
// sは関数の仲間でステップ実行させる
(gdb) s
// nは関数の中までは見ない
(gdb) n

// 変数「total」の中身を確認する
(gdb) print total
$1 = 0

// 変数の型を調べる
(gdb) whatis total
type = int

// 変数「total」の中身を変更する
(gdb) set total=100

コメントを書く

※ Emailは公開されません

※ コメントは承認されると下記に表示されます

コメント一覧

最近の投稿

Vue.js / Nuxt.jsにおけるログインの実装方法をまとめる Auth0やNuxt.jsのAuth Moduleとmiddlewareについて調べつつサンプルを作成することで理解を深める

コンポーネント設計について考える Atomic DesignやPresentational Component, Container Componentについてまとめつつ 自分だったらVue.js / Nuxt.jsでどういうコンポーネント設計にするかについてまとめます

Netlify Formsを使ってブログサイトにコメント機能を追加する方法を調べたので紹介 Netlify FormsはNetlifyに標準機能として用意されているフォーム機能 サーバレスなので別途コメント用にサーバを用意する必要がなくHTMLを埋め込むだけで準備できる

TypeScriptの入門の入門チートシート 型の種類や使い方についてまとめていくだけでなく、 TypeScriptについてや必要性などについてもまとめることでこのページでTypeScriptをざっくり理解できる程度の内容を目指す

NetlifyのFormsやSplit Testing、Functionsについて使い方をまとめる FormsはNetlifyに標準機能として用意されているフォーム機能でコメント保存用にサーバを用意する必要がない Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

カテゴリ一覧

タグ一覧