Docker入門の入門

Published: 2016年3月25日 by tomsato

概要

Dockerについてまとめる

入門の入門なのでどんなことができるのかイメージができるぐらいを目指します

実際どんなコマンドを使って作業をしていくかなどは次回まとめたいと思います
続き→ Dockerコマンドを学ぶ
さらにその続き→ Docker Hubを使ってGitHubにあるDockerfileからimageを自動生成する
さらにその続き→ 個人開発環境作成のためのDockerfileメモ

Dockerとは、Dockerについて

Dockerとは仮想化環境を実現するためのツールである

Dockerを使うことで1つのホストOS上で仮想的に複数のOSを動作させることができる

何を言っても簡単に実行できるのが良い

メリット

  • VirtualBoxやVMと違って高速、オーバーヘッドも少ない
  • 簡単に開発環境やアプリケーション実行環境を用意することができ、不要になっても簡単に削除することができるので環境構築のサイクルが早い
  • 「Infrastructure as Code」インフラ構成をコードで管理することができる

登場人物

image

コンテナ(container)を実行するために必要な全てのディレクトリやファイルを含むアーカイブとメタ情報を持っている

任意のimageを元に違うimageを作成することができる

Docker Hub

GitHubみたいにDockerのimageを共有するためのWebサービス
Docker Hubからimageを持ってきてコンテナを立ち上げる流れになる

自分で作成したimageをDocker Hubに登録することもできる

container

imageから作られる、実体のようなもの
Webサーバなどアプリケーションの実行環境を抽象化する技術
containerという箱があってその中でアプリケーションが動いているイメージ

イメージ

docker03

  1. Docker HubからimageをDockerを動かしているサーバに持ってくる
  2. imageを元にcontainerを立ち上げる
    1. containerの中で開発したりアプリケーションを実行させたり使い道は多種多様
  3. containerの環境を変更してimage1αを作成する
  4. 作成したimage1αをDocker Hubに登録
    1. 違うユーザ、違うサーバでそのimageを使うことができる

参考

続き→ Dockerコマンドを学ぶ

Share

最近の投稿

NetlifyのSplit TestingとFunctionsについて使い方をまとめる Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

NetlifyとはHTMLなどの静的コンテンツのみで構成されたWebサイトを閲覧できる形で配信するWebサービス GitHubやBitbucket、GitLabなどと連携して使うことができて、リポジトリにプッシュすることで自動でCI/CDを行うことができる、無料枠が豊富で独自ドメインを設定可能

WordPressからJekyll(GitHub Pages)に移行した手順をまとめる。 お金的な事情や使いやすさなどの理由で無料のJekyll+GitHub Pagesに移行した。JekyllとはMarkdown等から静的ページを生成する静的サイトジェネレータ

Scala開発のためにScalaらしさをまとめる 言語設計者の設計思想を元にScalaらしさについてまとめる オブジェクト指向と関数型の融合について

StorybookとはUI開発環境を提供するツール React、React Native、Angular、Vueなどをサポートしている ユーザーは独立した開発環境でコンポーネントを個別に作成して挙動の確認をテストできたり、コンポーネントを一覧にしてカタログ化できるので他の人に紹介する時に使えたりする

カテゴリ一覧

タグ一覧