React コンポーネントのライフサイクルについて

Published: 2016年9月19日 by tomsato

概要

React コンポーネントにはライフサイクルメソッドというものが存在する
コンポーネントが作成されようとしたり削除されようとした時にそれを検知することができるので
初期化処理やリソースの解放処理などを記述することができる

ライフサイクル図

component01

サンプルスクリプト

ボタンを表示して何回ボタンを押したかを画面に表示させる
関数が呼ばれる際にはconsole.logで出力しているのでどの順序で呼ばれているのかがわかる

コメントを書く

※ Emailは公開されません

※ コメントは承認されると下記に表示されます

コメント一覧

最近の投稿

vue-pdfを使ってNuxt.jsで作成しているアプリケーションに pdfスライドを表示させるサンプルを作成しました README.md通りに実装してもうまくいかないところがあったのでそのあたり含めてまとめます

Vue.js / Nuxt.jsにおけるログインの実装方法をまとめる Auth0やNuxt.jsのAuth Moduleとmiddlewareについて調べつつサンプルを作成することで理解を深める

コンポーネント設計について考える Atomic DesignやPresentational Component, Container Componentについてまとめつつ 自分だったらVue.js / Nuxt.jsでどういうコンポーネント設計にするかについてまとめます

Netlify Formsを使ってブログサイトにコメント機能を追加する方法を調べたので紹介 Netlify FormsはNetlifyに標準機能として用意されているフォーム機能 サーバレスなので別途コメント用にサーバを用意する必要がなくHTMLを埋め込むだけで準備できる

TypeScriptの入門の入門チートシート 型の種類や使い方についてまとめていくだけでなく、 TypeScriptについてや必要性などについてもまとめることでこのページでTypeScriptをざっくり理解できる程度の内容を目指す

カテゴリ一覧

タグ一覧