React コンポーネントのライフサイクルについて

■ 目次

  1. 概要
  2. ライフサイクル図
  3. サンプルスクリプト

■ 概要

React コンポーネントにはライフサイクルメソッドというものが存在する
コンポーネントが作成されようとしたり削除されようとした時にそれを検知することができるので
初期化処理やリソースの解放処理などを記述することができる

■ ライフサイクル図

component01

■ サンプルスクリプト

ボタンを表示して何回ボタンを押したかを画面に表示させる
関数が呼ばれる際にはconsole.logで出力しているのでどの順序で呼ばれているのかがわかる


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です