Chrome拡張機能のCodeception Test Toolsを試す

Published: 2017年8月13日 by tomsato

■ Codeception TestTools

Codeception TestToolsはChromeの拡張機能である

ブラウザの操作だけで受け入れテスト(Acceptance test)のソースを自動で書き起こすことができる

出来上がったソースコードを元に受け入れテストを拡充していくことができる

使い方

導入

Chrome TestToolsよりChromeの拡張機能を導入する

開く

Chromeのデベロッパーツールを開く

「Codeception TestTools」タブがあるのでそれを開く

アクション

画面上で右クリックを押すと「Codeception Test Tools」という項目がある

項目 説明
Am on page テストの開始のパスを指定することができる</p>
$I->amOnPage('/login');

この例は「/login」にアクセスしてテストが「/login」から始まることを設定する</th> </tr>

See current URL equals… 現在開いているURLが正しいか確認できる</p>
$I->seeCurrentURLEquals('/login');

この例は現在「/login」のパスであるかを確認する</th> </tr>

See 現在のページに指定された文字列が含まれていることを確認</p>
$I->see('Addons);

この例は現在開いているページ内に「Addons」の文字列が存在していることを確認する</th> </tr> </tbody> </table>

出来上がったソースコードは「Copy to Clipboard」よりコピペすることができるので実際のソースコードに貼り付けを行うことができる

また「 Recode」を押した状態で画面操作を行うとそれが自動的にコードに起こされる

ここまで見たように、できることは少ないがブラウザ操作だけでソースを自動で書きおこすことができる

その他の拡張機能について

Codeception Addons

Share

最近の投稿

NetlifyのSplit TestingとFunctionsについて使い方をまとめる Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

NetlifyとはHTMLなどの静的コンテンツのみで構成されたWebサイトを閲覧できる形で配信するWebサービス GitHubやBitbucket、GitLabなどと連携して使うことができて、リポジトリにプッシュすることで自動でCI/CDを行うことができる、無料枠が豊富で独自ドメインを設定可能

WordPressからJekyll(GitHub Pages)に移行した手順をまとめる。 お金的な事情や使いやすさなどの理由で無料のJekyll+GitHub Pagesに移行した。JekyllとはMarkdown等から静的ページを生成する静的サイトジェネレータ

Scala開発のためにScalaらしさをまとめる 言語設計者の設計思想を元にScalaらしさについてまとめる オブジェクト指向と関数型の融合について

StorybookとはUI開発環境を提供するツール React、React Native、Angular、Vueなどをサポートしている ユーザーは独立した開発環境でコンポーネントを個別に作成して挙動の確認をテストできたり、コンポーネントを一覧にしてカタログ化できるので他の人に紹介する時に使えたりする

カテゴリ一覧

タグ一覧