LINE Messaging APIを使ってBotを作成する

Published: 2017年8月20日 by tomsato

概要

LINE Messaging APIを使ってBotを作成する

今回はユーザーがBotに話しかけるとBotがオウム返しするだけの内容とする

使うまでの流れ

  1. LINE Botを使うための準備(アカウント作成など)を行う
  2. ユーザーからメッセージを受け取って返答する処理はNode-REDを使って実装する

LINE Messaging APIとは

LINEのボットを作成してユーザーと対話を行う際に利用するAPI

Messaging APIのご紹介より引用

PushとReplyのAPIを使って実現していく

Messaging APIのご紹介より引用

料金体系は以下、とりあえず使う分にはDeveloper Trialを利用するのが良さそう

Messaging APIのご紹介より引用

LINE Botを作成するための準備

Messaging APIのご紹介の「Developer Trial」から利用登録を行う

登録後「LINE@MANAGER」のページに行って「APIを利用する」をクリックする


とりあえず以下のように設定して「保存」を押す

次に「LINE Developersで設定する」をクリックすると利用規約が表示されるので、良ければ同意する

「Webhook URL」を設定することになるが後ほど設定する

Node-REDを使ってBotがメッセージを受け取ったら返答する処理を作成する

冒頭に触れたとおりにNode-REDを使って実装する
このページでNode-REDまで話してしまうと長くなるので別ページにまとめたので
それを参考にして理解・環境準備を行う

Node-RED入門の入門

上記のページでIBM Bluemix上でNode-REDを作成したところから話を続ける

「https://(設定したホスト名).au-syd.mybluemix.net/」
というドメインが使えるようになるはずなので

先程の「Webhook URL」には「https://(設定したホスト名).au-syd.mybluemix.net/sample」を設定する

またNode-REDで以下のJSONを読み込んでフローを作成する
https://gist.github.com/tomsato/a2fd425655f161aefdb30222239b96ac

1点修正個所として、「request body header作成」をクリックすると「Bearer XXXXX」という記述がコードの中にあるので
「Bearer (Channel Access Token)」に修正する

自分の「Channel Access Token」はLINE Developersページの「Webhook URL」を設定した近くに表示されているはず
設定を終えて「QR Code」より作成したBotと友達になった状態でメッセージを送ると返信してくれるようになる

Share

最近の投稿

NetlifyのSplit TestingとFunctionsについて使い方をまとめる Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

NetlifyとはHTMLなどの静的コンテンツのみで構成されたWebサイトを閲覧できる形で配信するWebサービス GitHubやBitbucket、GitLabなどと連携して使うことができて、リポジトリにプッシュすることで自動でCI/CDを行うことができる、無料枠が豊富で独自ドメインを設定可能

WordPressからJekyll(GitHub Pages)に移行した手順をまとめる。 お金的な事情や使いやすさなどの理由で無料のJekyll+GitHub Pagesに移行した。JekyllとはMarkdown等から静的ページを生成する静的サイトジェネレータ

Scala開発のためにScalaらしさをまとめる 言語設計者の設計思想を元にScalaらしさについてまとめる オブジェクト指向と関数型の融合について

StorybookとはUI開発環境を提供するツール React、React Native、Angular、Vueなどをサポートしている ユーザーは独立した開発環境でコンポーネントを個別に作成して挙動の確認をテストできたり、コンポーネントを一覧にしてカタログ化できるので他の人に紹介する時に使えたりする

カテゴリ一覧

タグ一覧