Google Fontsに日本語フォントが正式に追加されたので使い方についてまとめる

Published: 2018年8月31日 by tomsato

概要

最近Google Fontsに日本語フォントが追加されたらしい

これを機にGoogle Fontsについて使い方を調べておく

日本語フォントについて

元々試験版(早期アクセス)では使えていたのだが今回正式にGoogle Fontsに追加されたらしい

Google Fonts + 日本語 早期アクセス

追加された情報が少なかったのでtwitterで検索したところ以下の記述があったので参考程度に載せておく

元々早期アクセスを使っている人は移行しないとダメ?

早期アクセスより容量が少ないとのことなので収録文字数が少ない可能性があり?

Google Fontsについて

Google FontsとはGoogleが提供しているWebフォントのサイトで
WebフォントとはWebから必要なフォントをダウンロードして使うフォント

Webフォントを使うメリット

  • 端末のフォントに依存しない
  • どの端末でも同じ表示になる

Webフォントを使うデメリット

  • Webからダウンロードして使うのでページの読み込みが遅くなる
  • 日本語のフォントが少ない

日本語のGoogle Fontsを使う方法

日本語フォント一覧ページにアクセスする

ブログ作成日現在は6つの日本語フォントがあるのでどれか好きなフォントを決める

選んだフォントの右上の+ボタンを押すと「1 Family Selected」と出るのでそこをクリックすると貼り付け用のコードが表示されるはず

HTML貼り付け用のコード

<link href="https://fonts.googleapis.com/css?family=M+PLUS+1p" rel="stylesheet">

CSS貼り付け用のコード

font-family: 'M PLUS 1p', sans-serif;

「1 Family Selected」の中に緑色で「Load Time: Fast」とあるのは、読み込み時間のことで「Fast」は読み込み時間は早いと言うこと
複数のフォントを読み込んだ場合などはオレンジ色で「Moderate」などに変わったりする場合があり、その場合は読み込み時間が遅くなってしまうので注意する必要がある

CSS

Share

最近の投稿

NetlifyのSplit TestingとFunctionsについて使い方をまとめる Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

NetlifyとはHTMLなどの静的コンテンツのみで構成されたWebサイトを閲覧できる形で配信するWebサービス GitHubやBitbucket、GitLabなどと連携して使うことができて、リポジトリにプッシュすることで自動でCI/CDを行うことができる、無料枠が豊富で独自ドメインを設定可能

WordPressからJekyll(GitHub Pages)に移行した手順をまとめる。 お金的な事情や使いやすさなどの理由で無料のJekyll+GitHub Pagesに移行した。JekyllとはMarkdown等から静的ページを生成する静的サイトジェネレータ

Scala開発のためにScalaらしさをまとめる 言語設計者の設計思想を元にScalaらしさについてまとめる オブジェクト指向と関数型の融合について

StorybookとはUI開発環境を提供するツール React、React Native、Angular、Vueなどをサポートしている ユーザーは独立した開発環境でコンポーネントを個別に作成して挙動の確認をテストできたり、コンポーネントを一覧にしてカタログ化できるので他の人に紹介する時に使えたりする

カテゴリ一覧

タグ一覧