サーバ保守 カテゴリページ

WordPressからJekyll(GitHub Pages)に移行した手順をまとめる。 お金的な事情や使いやすさなどの理由で無料のJekyll+GitHub Pagesに移行した。JekyllとはMarkdown等から静的ページを生成する静的サイトジェネレータ

Google Cloud Functionsのクイックスタートを入門的に試してみる Cloud FunctionsとはGoogle Cloud Platform内のサービスの一つであるFaaSで登録した関数を実行するためのサービス イベントが発生した場合にそれに応答してオンデマンドで登録した関数を実行することができる

Google Cloud Datastore(以下Cloud Datastore)初学者向けに提供されているクイックスタートを試してみる Coogle Cloud Platform Console上でデータを作成して、同じくConsole上で作成したデータをGQLを使って確認するまでの流れを追っている

Microsoft AzureのAzure App Serviceを使ってPaaS環境上でサンプルを動かすまでをまとめる 無料期間が終わっても無料でサービスを継続させることを目指す

一般的にHTTP負荷テストを行う場合はabかhttp_loadを使うが Vegetaという個性的なツールがあったのでそれの使用感を紹介する

Pivotal Cloud Foundry(PCF)のホスティングサービスであるPivotal Web Servicesを使用して 簡単なWebアプリケーションを立ち上げて、画面を確認できるまでを体験する

そもそもサーバをなんで監視をする必要があるのか、またどんなことを監視するのかなどまとめる 最後に監視ツールであるMonitを使って初めてのサーバ監視を行う

サーバのログを監視するSwatchについて調べる 例えばApacheのログに「PHP Fatal error」が出力された場合にメール送信や任意のスクリプトを実行するなど何かを行いたいという時に使うツール

VirtualBox + Vagrantを使ったローカル開発環境構築方法について ちなみに今回手元にあるPCはMacなのでMacでの構築方法

シンプルなデプロイツールとして知られているCinnamonについて デプロイツールとしてはCapistranoが定番として知られているらしいがRailsを前提としていたり、汎用的な反面裏で何をやっているのかわかりづらい そこでシンプルで使いやすいCinnamonを触ってみる

Apache Bench(ab)を使って負荷検証をします Apache Bench(ab)とはApacheに同梱されているWebサーバの負荷検証を行うためのツール

Fluentdはログ収集管理ツールで、どういったログを収集させるかやどういうふうにログを保存するかを柔軟にカスタマイズできる 好きなログについて収集することができて、何かしらのツールに連携することができる

自分が持っているサーバに対して無料でセキュリティチェック(脆弱性診断)を行います 脆弱性について初期知識を学びつつ、実際にポートスキャンや脆弱性スキャンを行って自分のサーバは問題ないのかチェックしてみたいと思います

FabricBoltというfabricのコマンドをWebUI上で実行するツールについて紹介する FabricBoltをちゃんと使っていくとすると結構骨が折れそうな気がしました

2016年3月1日に発表された「Docker Cloud」について調べます Docker CloudとはSaaS(Software as a Service)型のクラウドサービス Docker Cloudはコンテナの実行環境ではなく、対象となる実行環境は既存のクラウドやデータセンターに任せ、それを操作することになる

アプリケーションから発行された複数のI/O要求を並び替えてディスクのシーク量を減らすためのソフトウェア ディスクI/Oのパフォーマンスがうまく出せていない時は考えてみると吉

過去3回に渡ってDockerについて学んでいましたが個人開発環境を整えるためにDockerfileをカスタマイズする

これまでDockerの概要と使い方について学んできましたが、今回はDockerHubとGitHubを連携してGitHubにあるDockerfileから自動でDockerHubリポジトリにimageを追加するやり方を学びます

前回 Docker入門の入門 にてDockerがどういった物かについて調べたので今回は実際にどういうコマンドで実現していくかを見て行きます、主にDocker Hubからimageを取得してcontainerを立ち上げてDocker Hubに登録するところまでを学びます

Dockerとは仮想化環境を実現するためのツールである Dockerを使うことで1つのホストOS上で仮想的に複数のOSを動作させることができる 何を言っても簡単に実行できるのが良い

ビルドツールである「Daiku」について紹介します Infrastructure as Code(サーバ構築やデプロイなどをコードで管理する)が流行っている今以前紹介したFabricやDaikuなどが使えるのかなと思います

CPU使用率が高い場合にその原因を調べる 過去に紹介したmpstatとperfを使って調べる

サーバ上で手順化されている作業を自動化してくれるFabricについてまとめます 便利で簡単なので自分としても使い方が気になっていたためインストールから使い方までまとめていきます

障害調査、負荷調査などで使うLinuxコマンドをまとめます perf,tcpdum,pngrep,lsof

Linuxコマンドのpstack,strace,pstree,mpstatについて紹介します 障害調査、負荷調査などで使うコマンドをまとめます pstack,strace,pstree,mpstat

linuxサーバを運用する時に使うコマンドsar,vmstat,netstat,iostat,topについて紹介する 使い道としては、障害や負荷の状況や原因などを調べる際に活用する 詳細な使い方はググってもらうとして世の中はどういうコマンドがあるのかを見る

サーバでまだメモリに余裕があるのか調べる ページキャッシュというものがあってメモリが不足しているように見えるのでそのあたりを考慮させて利用可能なメモリ使用量を調べる

最近の投稿

NetlifyのSplit TestingとFunctionsについて使い方をまとめる Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

NetlifyとはHTMLなどの静的コンテンツのみで構成されたWebサイトを閲覧できる形で配信するWebサービス GitHubやBitbucket、GitLabなどと連携して使うことができて、リポジトリにプッシュすることで自動でCI/CDを行うことができる、無料枠が豊富で独自ドメインを設定可能

WordPressからJekyll(GitHub Pages)に移行した手順をまとめる。 お金的な事情や使いやすさなどの理由で無料のJekyll+GitHub Pagesに移行した。JekyllとはMarkdown等から静的ページを生成する静的サイトジェネレータ

Scala開発のためにScalaらしさをまとめる 言語設計者の設計思想を元にScalaらしさについてまとめる オブジェクト指向と関数型の融合について

StorybookとはUI開発環境を提供するツール React、React Native、Angular、Vueなどをサポートしている ユーザーは独立した開発環境でコンポーネントを個別に作成して挙動の確認をテストできたり、コンポーネントを一覧にしてカタログ化できるので他の人に紹介する時に使えたりする

カテゴリ一覧

タグ一覧