テスト タグページ

PHPコードのチェックをPHP_CodeSnifferとPHPMDで行う 自動でチェックが走るようにGitのHooks機能機能を使ってcommit時に毎回確認するようにする

PerlのTest::Moreについて簡単にまとめます、入門の入門なので短く簡潔に PerlのTest::Moreについて Perlでテストするためのデファクトスタンダードとも言えるモジュールです

PHP5.6より対話型のデバッガーであるphpdbgが同梱されるようになった gdbみたいにブレークポイントなどを設定してステップ実行ができるので1度インストールができてしまえばXDebugよりも楽にデバッグを行うことができる

cgdbを使ってC言語プログラムのデバッグを行う gdbと違ってcgdbを使うとソースコードを見ながらプログラムのステップ実行が行える

以前Jenkins入門の入門にてCIについてとCIツールであるJenkinsついてまとめましたが、今回は別途話題になっているCircleCIについてまとめてみます JenkinsからCircleCIに乗り換えている人もいるみたいなのでどんなものなのかイメージできるぐらいに調べてみたいと思います

以前Perlのステップ実行方法をまとめましたが今回はPHPについてやり方を調べます、準備からステップ実行方法まで簡潔にまとめます。

mysqlslapはその名の通りMySQL関連のツールで直訳すると「mysqlを平手打ちする」 (※ 筆者は英語ができないので適当) 複数のクライアントがサーバにアクセスしているかのように負荷をエミュレートすることができる そんなmysqlslapについて便利なのでまとめていきます

Perlにはオプションでステップ実行機能が使える 難しい処理などを1行ずつコードを実行していくことができる 是非デバッグ(debug)時に活用したい

Jenkinsについて概要とインストール方法を調べます 継続的インテグレーションとは、狭義的にはソフトウェアやサービス、システムが動作するか、こまめに確認しながら開発を進める開発手法 コピペで始めるJenkins

静的コード解析であるPHPMDとCppcheckについて調べます。静的コード解析について。コンピュータソフトウェアの解析手法の一種であり 実行ファイルを実行することなくソース解析を行う 機械的にチェックを行うことによって文法スタイルの謝りやパターン化されたバグを検出したりする

最近の投稿

NetlifyのSplit TestingとFunctionsについて使い方をまとめる Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

NetlifyとはHTMLなどの静的コンテンツのみで構成されたWebサイトを閲覧できる形で配信するWebサービス GitHubやBitbucket、GitLabなどと連携して使うことができて、リポジトリにプッシュすることで自動でCI/CDを行うことができる、無料枠が豊富で独自ドメインを設定可能

WordPressからJekyll(GitHub Pages)に移行した手順をまとめる。 お金的な事情や使いやすさなどの理由で無料のJekyll+GitHub Pagesに移行した。JekyllとはMarkdown等から静的ページを生成する静的サイトジェネレータ

Scala開発のためにScalaらしさをまとめる 言語設計者の設計思想を元にScalaらしさについてまとめる オブジェクト指向と関数型の融合について

StorybookとはUI開発環境を提供するツール React、React Native、Angular、Vueなどをサポートしている ユーザーは独立した開発環境でコンポーネントを個別に作成して挙動の確認をテストできたり、コンポーネントを一覧にしてカタログ化できるので他の人に紹介する時に使えたりする

カテゴリ一覧

タグ一覧