Oracle11gから12cへの移行の注意点

■ 目次

  1. 概要
  2. 外部結合演算子について
  3. 12c移行時の注意点

■ 概要

Oracleを11gから12cにアップデートする時に気をつける点を紹介します

SQL的な観点で1点つまずいたのでそれについて

Oracle勉強シリーズ

■ 外部結合演算子について

注意点の紹介をする前に事前知識として外部結合演算子について紹介する

Oracleには外部結合演算子(+)というものがある
例:左のテーブル (TABLE1) はすべて残して、右のテーブル (TABLE2) と外部結合したい場合 の SQL

SELECT t1.key1, t1.name1, t2.name2
FROM   table1 t1, table2 t2
WHERE  t1.key1 = t2.key2(+)

テーブルの結合キーに (+) をつけることで外部結合される

■ 12c移行時の注意点

基本的に11gのSQLでも12cでは使えるようだが全く問題がないようではなかった

OracleデータベースエラーコードORA-30563詳細
外部結合演算子を使う際に12cではORDER BY句の中で演算子は使えないみたいだった
使おうとすると「ORA-30563: ここでは外部結合演算子(+)は許可されていません」というエラーが出るので注意


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です