デザイン カテゴリページ

StorybookとはUI開発環境を提供するツール React、React Native、Angular、Vueなどをサポートしている ユーザーは独立した開発環境でコンポーネントを個別に作成して挙動の確認をテストできたり、コンポーネントを一覧にしてカタログ化できるので他の人に紹介する時に使えたりする

Trashy.cssを使うとHTMLの構造が可視化されるのでheader,nav,main,article,selction,footerなどの要素が正しく実装されているかを確認することができる 使い方 ブックマークレットが用意されているのでそちらを使って試してみる

CSSアニメーションについてまとめる CSSでアニメーションを実装する上でCSS AnimationとCSS Transitionの2種類があるのでそれぞれまとめていく CSSアニメーションのメリットについて 何故CSSでアニメーションを行うのか CSSアニメーションの種類 CSS Animation、CSS Transition

Flexbox(CSS Flexible Box Layout)についてまとめる Flexboxとはボックスの横並びや縦並びが手軽に実装できるレイアウトモジュール 今までだとfloatなどがあったが、cleafixでの解除が必要だったり縦方向の中央揃えが面倒な部分があったが Flexboxだと簡潔に記述ができて、柔軟なレイアウトが実装可能とのこと

Google Fontsに日本語フォントが追加されたらしい これを機にGoogle Fontsについて使い方を調べておく Google FontsとはGoogleが提供しているWebフォントのサイトで WebフォントとはWebから必要なフォントをダウンロードして使うフォント

SassはCSSを効率的に書くための記法 Sassには2つの記法がある SASS(拡張子は.sass)とSCSS(拡張子は.scss) SASSの方が最初に作られたが、デザイナーに不評だったこともありCSSっぽいSCSSが現在の主流となっているので本記事はSCSSの記法をまとめることとする

最近の投稿

NetlifyのSplit TestingとFunctionsについて使い方をまとめる Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

NetlifyとはHTMLなどの静的コンテンツのみで構成されたWebサイトを閲覧できる形で配信するWebサービス GitHubやBitbucket、GitLabなどと連携して使うことができて、リポジトリにプッシュすることで自動でCI/CDを行うことができる、無料枠が豊富で独自ドメインを設定可能

WordPressからJekyll(GitHub Pages)に移行した手順をまとめる。 お金的な事情や使いやすさなどの理由で無料のJekyll+GitHub Pagesに移行した。JekyllとはMarkdown等から静的ページを生成する静的サイトジェネレータ

Scala開発のためにScalaらしさをまとめる 言語設計者の設計思想を元にScalaらしさについてまとめる オブジェクト指向と関数型の融合について

StorybookとはUI開発環境を提供するツール React、React Native、Angular、Vueなどをサポートしている ユーザーは独立した開発環境でコンポーネントを個別に作成して挙動の確認をテストできたり、コンポーネントを一覧にしてカタログ化できるので他の人に紹介する時に使えたりする

カテゴリ一覧

タグ一覧