データベース カテゴリページ

Doctrineを使ってPHPからデータベースを操作する DoctrineとはORMツールである 今回はPHPのマイクロフレームワークであるSlimの中でDoctrineを使ったDB操作サンプルプログラムを試す

MySQL5.7系とPHP5.6系が入った環境をセットアップする 目的としてはPHP,MySQLの開発環境を用意することで、開発で使うであろうcomposerも用意する

MySQLをDockerを使って簡単に用意してみる DockerHubで公式のMySQLイメージが公開されているのでそれを使うこととする

MySQL Sandboxを使うと凄く簡単にMySQL環境の準備を行うことができます、レプリケーション環境も簡単に用意ができるので入門の入門として概要がわかるように簡単に使ってみます

MySQLの内部のアーキテクチャについて気になったのでまとめる どういうスレッドがあるのかとスレッドのライフサイクルについて記述する MySQLはシングルプロセスマルチスレッドモデルを採用しており 1つのmysqldプロセスの内部に、複数のスレッドが存在している

環境構築が面倒なOracleをDockerを使って簡単に用意してみる 前提としてDockerが使えるところまでは終わっていること

PHPUnitとDBUnitを使ってMySQLのテストを行う(Oracleのテストもできる) テスト用のMySQLを用意してPHPUni+DBUnitでinsert,updateなどのテストを行って その後に意図したデータになっているか確認をすることができる

MySQLのクエリキャッシュについて調べる SELECTでの参照が来た際にまったく同じクエリを受け取るとSQLを実行するのではなくキャッシュから返すので高速に動作する 同じSELECTクエリが投げられて、同じ結果を返すことが多いサーバには導入をお勧めです

Oracleを11gから12cにアップデートする時に気をつける点を紹介します SQL的な観点で1点つまずいたのでそれについて 外部結合演算子を使う際に12cではORDER BY句の中で演算子は使えないみたいだった 使おうとするとORA-30563のエラーが出るので注意

Oracleのフェイルオーバーの設定について説明します 接続先が死んでいた際に自動的にフェイルオーバーさせます 接続時フェイルオーバー(CTF)について 透過的アプリケーション・フェイルオーバー(TAF)について SCANについて

ある程度大きな規模のサービスでMySQLを使っているなら避けては通れないMySQLのチューニングについてまとめます 重いクエリの出し方からexplainを使ったチューニング例まで簡単に紹介します

以前パーティションについてまとめてみましたが パーティション化されたテーブルでインデックスを作成する際にローカルインデックスとグローバルインデックスがあるのでその違いについて調べます

このブログでは何回かOracleやMySQLなどデータベースの記事を書いてきましたが今更ながらデータベースとはなんぞやというものをまとめます

Oracleのsequenceとは連番や飛び番を発行するための仕組み この仕組みを使うと一意の番号を簡単に自動生成してくれる MySQLでいうauto_increment的なもの

Oracleのダイレクトロードインサートについて調べます 素早いselect insertができるのでテーブルからテーブルへのコピーする時に使うといいかもしれません

mysqlslapはその名の通りMySQL関連のツールで直訳すると「mysqlを平手打ちする」 (※ 筆者は英語ができないので適当) 複数のクライアントがサーバにアクセスしているかのように負荷をエミュレートすることができる そんなmysqlslapについて便利なのでまとめていきます

パーテョションとはOracleで大きな表や索引をデータベース内部で複数に領域に分割して管理するための仕組み 例えば4半期毎にパーティションを分割させた場合 通常の[1つの表]->パーティション化すると->[[1-3月][4-6月][7-9月][10-12月]]などに分割させることができる

表領域は表や索引などのデータベースのオブジェクトを格納する入れ物と考えられる 各表領域に対して1つ以上のデータファイルが作成される データベースでは表(データ)を論理的には表領域に格納し、物理的には表領域に関連付けられたデータファイルに格納する

MySQL5.5でInnoDBに変更させる時のメモ MyISAMにはデメリットが多いのでInnoDBがおすすめ 変更はALTER TABLEを使う

最近の投稿

Netlify Formsを使ってブログサイトにコメント機能を追加する方法を調べたので紹介 Netlify FormsはNetlifyに標準機能として用意されているフォーム機能 サーバレスなので別途コメント用にサーバを用意する必要がなくHTMLを埋め込むだけで準備できる

TypeScriptの入門の入門チートシート 型の種類や使い方についてまとめていくだけでなく、 TypeScriptについてや必要性などについてもまとめることでこのページでTypeScriptをざっくり理解できる程度の内容を目指す

NetlifyのFormsやSplit Testing、Functionsについて使い方をまとめる FormsはNetlifyに標準機能として用意されているフォーム機能でコメント保存用にサーバを用意する必要がない Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

NetlifyとはHTMLなどの静的コンテンツのみで構成されたWebサイトを閲覧できる形で配信するWebサービス GitHubやBitbucket、GitLabなどと連携して使うことができて、リポジトリにプッシュすることで自動でCI/CDを行うことができる、無料枠が豊富で独自ドメインを設定可能

WordPressからJekyll(GitHub Pages)に移行した手順をまとめる。 お金的な事情や使いやすさなどの理由で無料のJekyll+GitHub Pagesに移行した。JekyllとはMarkdown等から静的ページを生成する静的サイトジェネレータ

カテゴリ一覧

タグ一覧