JavaScriptのthisについてメモ

Published: 2016年3月2日 by tomsato

■ 概要

JavaScriptのthisについてまとめます
thisにも色々あるみたいなので違いについて調べます

JavaScript勉強シリーズ

■ thisの種類

JavaScriptのthis参照はオブジェクトを参照する場所によって参照先が異なる

  • トップレベルコード (関数外)
  • 関数内

また関数内でもその関数の呼び出し方法で参照先オブジェクトが変わる

関数の呼び出し方法 this参照の参照先オブジェクト
コンストラクタ呼び出し 生成したオブジェクト
メソッド呼び出し レシーバオブジェクト ※1
applyあるいはcall呼び出し applyまたはcallの引数で指定したオブジェクト
それ以外の呼び出し グローバルオブジェクト

※1 レシーバオブジェクトとは
オブジェクトのメソッドを呼んだ時に、演算子の左辺に指定したオブジェクト

コンストラクタ呼び出しにおけるthis

コンストラクタ呼び出し時のthis参照はコンストラクタが生成するオブジェクトを参照する

// 定義
function TestClass(x) {
  this.x = x;
}

// コンストラクタ呼び出し
var obj = new TestClass(3);
print(obj.x); // 3

newをつけてインスタンスを生成する
thisには生成されたインスタンス自身(TestClass)が入っている

コンストラクタ呼び出し時には、何も持たないオブジェクトを作成して、コンストラクタ内のthis参照からそのオブジェクトが参照される
最終的にnewを結果としてオブジェクトの参照が返る

メソッド呼び出し

メソッドとはオブジェクトのプロパティが参照する関数

// オブジェクト定義
var myObj = {
  x: 3,
  show: function() {
    print(this.x);
  }
}

// メソッド呼び出し
myObj.test(); // 3

オブジェクトmyObjがレシーバオブジェクトでshowがメソッド
thisにはmyObjが入っている

apply,call呼び出しにおけるthis

これらを使うと呼び出した関数内のthis参照を指定した任意のオブジェクト参照にできる
つまりレシーバオブジェクトを明示的に指定できると見なせる

var myObj = {
  x: 3
  show: function() {
    print(this.x);
  }
};
var hogeObj = {
  x: 7
}

myObj.show(); // 3

myObj.show.apply(hogeObj); // 7
myObj.show.call(hogeObj); // 7

ちなみにapplyとcallの違いは2番目以降の引数が
「連続した引数のリスト」か引数の配列を1つだけ受け取るか違いみたい
http://www.sirochro.com/note/js-call-apply-difference/

参考

コメントを書く

※ Emailは公開されません

※ コメントは承認されると下記に表示されます

コメント一覧

最近の投稿

Vue.js / Nuxt.jsにおけるログインの実装方法をまとめる Auth0やNuxt.jsのAuth Moduleとmiddlewareについて調べつつサンプルを作成することで理解を深める

コンポーネント設計について考える Atomic DesignやPresentational Component, Container Componentについてまとめつつ 自分だったらVue.js / Nuxt.jsでどういうコンポーネント設計にするかについてまとめます

Netlify Formsを使ってブログサイトにコメント機能を追加する方法を調べたので紹介 Netlify FormsはNetlifyに標準機能として用意されているフォーム機能 サーバレスなので別途コメント用にサーバを用意する必要がなくHTMLを埋め込むだけで準備できる

TypeScriptの入門の入門チートシート 型の種類や使い方についてまとめていくだけでなく、 TypeScriptについてや必要性などについてもまとめることでこのページでTypeScriptをざっくり理解できる程度の内容を目指す

NetlifyのFormsやSplit Testing、Functionsについて使い方をまとめる FormsはNetlifyに標準機能として用意されているフォーム機能でコメント保存用にサーバを用意する必要がない Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

カテゴリ一覧

タグ一覧