JavaScriptのthisについてメモ

Published: 2016年3月2日 by tomsato

■ 概要

JavaScriptのthisについてまとめます
thisにも色々あるみたいなので違いについて調べます

JavaScript勉強シリーズ

■ thisの種類

JavaScriptのthis参照はオブジェクトを参照する場所によって参照先が異なる

  • トップレベルコード (関数外)
  • 関数内

また関数内でもその関数の呼び出し方法で参照先オブジェクトが変わる

関数の呼び出し方法 this参照の参照先オブジェクト
コンストラクタ呼び出し 生成したオブジェクト
メソッド呼び出し レシーバオブジェクト ※1
applyあるいはcall呼び出し applyまたはcallの引数で指定したオブジェクト
それ以外の呼び出し グローバルオブジェクト

※1 レシーバオブジェクトとは
オブジェクトのメソッドを呼んだ時に、演算子の左辺に指定したオブジェクト

コンストラクタ呼び出しにおけるthis

コンストラクタ呼び出し時のthis参照はコンストラクタが生成するオブジェクトを参照する

// 定義
function TestClass(x) {
  this.x = x;
}

// コンストラクタ呼び出し
var obj = new TestClass(3);
print(obj.x); // 3

newをつけてインスタンスを生成する
thisには生成されたインスタンス自身(TestClass)が入っている

コンストラクタ呼び出し時には、何も持たないオブジェクトを作成して、コンストラクタ内のthis参照からそのオブジェクトが参照される
最終的にnewを結果としてオブジェクトの参照が返る

メソッド呼び出し

メソッドとはオブジェクトのプロパティが参照する関数

// オブジェクト定義
var myObj = {
  x: 3,
  show: function() {
    print(this.x);
  }
}

// メソッド呼び出し
myObj.test(); // 3

オブジェクトmyObjがレシーバオブジェクトでshowがメソッド
thisにはmyObjが入っている

apply,call呼び出しにおけるthis

これらを使うと呼び出した関数内のthis参照を指定した任意のオブジェクト参照にできる
つまりレシーバオブジェクトを明示的に指定できると見なせる

var myObj = {
  x: 3
  show: function() {
    print(this.x);
  }
};
var hogeObj = {
  x: 7
}

myObj.show(); // 3

myObj.show.apply(hogeObj); // 7
myObj.show.call(hogeObj); // 7

ちなみにapplyとcallの違いは2番目以降の引数が
「連続した引数のリスト」か引数の配列を1つだけ受け取るか違いみたい
http://www.sirochro.com/note/js-call-apply-difference/

参考

Share

最近の投稿

NetlifyのSplit TestingとFunctionsについて使い方をまとめる Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

NetlifyとはHTMLなどの静的コンテンツのみで構成されたWebサイトを閲覧できる形で配信するWebサービス GitHubやBitbucket、GitLabなどと連携して使うことができて、リポジトリにプッシュすることで自動でCI/CDを行うことができる、無料枠が豊富で独自ドメインを設定可能

WordPressからJekyll(GitHub Pages)に移行した手順をまとめる。 お金的な事情や使いやすさなどの理由で無料のJekyll+GitHub Pagesに移行した。JekyllとはMarkdown等から静的ページを生成する静的サイトジェネレータ

Scala開発のためにScalaらしさをまとめる 言語設計者の設計思想を元にScalaらしさについてまとめる オブジェクト指向と関数型の融合について

StorybookとはUI開発環境を提供するツール React、React Native、Angular、Vueなどをサポートしている ユーザーは独立した開発環境でコンポーネントを個別に作成して挙動の確認をテストできたり、コンポーネントを一覧にしてカタログ化できるので他の人に紹介する時に使えたりする

カテゴリ一覧

タグ一覧