JavaScriptのwindowについてのメモ

■ 目次

  1. 概要
  2. スコープとプロパティ
  3. windowについて

■ 概要

JavaScriptを読むにあたってwindowってなんなのかつまったのでまとめておく
当たり前のことなのかもしれないけどわからなかったのでまとめておく

JavaScript勉強シリーズ

■ windowについて

windowとは

JavaScriptをブラウザで使用する場合、最初からwindowというグローバルオブジェクトが提供されている
このwindowにはブラウザのウインドウに関するものがまとまっている

// google chromeのDeveloper ToolsのConsoleを開いた状態で以下のコマンドを実行すると
// 自分では宣言していないwindowオブジェクトが存在していることがわかる

console.log(typeof window)      // object
console.log(window.outerWidth)  // 1920

windowのプロパティ例

プロパティ 説明
name ウィンドウの名前を設定
screenX ウィンドウのx軸方向の位置
screenY ウィンドウのy軸方向の位置
outerWidth ウィンドウの幅
outerHeight ウィンドウの高さ

グローバル変数を用意した場合windowオブジェクトのプロパティとしてアクセスが可能になる

var x = 15; console.log(x)   // 15 
console.log(window.x)        // 15 
console.log(x === window.x); // true

windowの表記を省略することも可能
windowはグローバルオブジェクトのプロパティでありグローバルオブジェクトの参照を持つ
自己参照であるため以下のような振る舞いを起こす

// chromeのdeveloper toolsのConsole上で確認することができる
window === window.window        //true
window === window.window.window //true
window === this                 //true
window === window.self          //true

これは実質的に以下のように書いた物と同等で

var global = this;
print('global' in this); // true

グローバル変数globalはグローバルオブジェクトを参照するthisを参照しているため
globalはグローバルオブジェクトのプロパティであると同時にグローバルオブジェクトの参照を持つ自己参照である

■ 参考


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です