JavaScriptのグローバル変数の衝突について

■ 目次

  1. 概要
  2. グローバル変数の衝突について
  3. オブジェクトプロパティへの閉じ込め
  4. クロージャによる隠蔽
  5. アクセス修飾子について

■ 概要

今日はJavaScriptのグローバル変数の衝突について調べたことをまとめます

JavaScript勉強シリーズ

■ グローバル変数の衝突について

JavaScriptでグローバル変数を作成した際、JavaScriptファイルを複数に分割してもお互いにグローバル変数が見える世界になっているので、あるファイルで使った名前は別のファイルで使えない
このような名前空間の汚染を回避する方法を調べてみる

■ オブジェクトプロパティへの閉じ込め

オブジェクトリテラルで作成したオブジェクトのプロパティにして名前をオブジェクトの中に閉じ込める

var TestModule = {
  x: function(a){
    return a * a;
  },
  y: {p:2, q:5}
};

print(TestModule.x(5)); // 25
print(TestModule.y.p);  // 2

// xはTestModuleの中に閉じ込めているので他のコードでは使用できる
print(x); // Exception: ReferenceError: Can't find variable: x

このやり方だと1コードあたり1変数名だけに収まる

良いところ 名前の衝突の問題は概ね回避できる
課題点 元々のグローバルスコープが広いという問題は残る

■ クロージャによる隠蔽

クロージャを活用して外部から見えない名前を作成する

var hoge = (function(){
  var x = {p:3, q:5}
  return function() {return x.p + x.q;}
})();

print(hoge()); // 8

関数スコープによる名前の閉じ込めとクロージャによって関数実行後もローカル変数が生きているという2つの特性を生かした隠蔽方法

■ アクセス修飾子について

JavaScriptのはprivateやpublicなどアクセス修飾子がない
その代わりに関数スコープとクロージャを使ってアクセス修飾子っぽいことができる

function get_set_class() {
  var x = 0;

  // ここにプライベートは変数や関数を宣言できる

  return {
    // 公開メソッド
    get:function()    {return x;},
    set:function(num) {x = num; return this;} // return thisはメソッドチェーン用
  }
}

var hoge = get_set_class();
print(hoge.get());        // 0
hoge.set(3);
print(hoge.get());        // 3
print(hoge.set(5).get()); // 5 (メソッドチェーン)

// xには直接アクセスできない
print(x);                 // Exception: ReferenceError: Can't find variable: x
print(hoge.x);            // undefined

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です