JavaScriptのグローバル変数の衝突について

Published: 2016年4月3日 by tomsato

概要

今日はJavaScriptのグローバル変数の衝突について調べたことをまとめます

JavaScript勉強シリーズ

グローバル変数の衝突について

JavaScriptでグローバル変数を作成した際、JavaScriptファイルを複数に分割してもお互いにグローバル変数が見える世界になっているので、あるファイルで使った名前は別のファイルで使えない
このような名前空間の汚染を回避する方法を調べてみる

オブジェクトプロパティへの閉じ込め

オブジェクトリテラルで作成したオブジェクトのプロパティにして名前をオブジェクトの中に閉じ込める

var TestModule = {
  x: function(a){
    return a * a;
  },
  y: {p:2, q:5}
};

print(TestModule.x(5)); // 25
print(TestModule.y.p);  // 2

// xはTestModuleの中に閉じ込めているので他のコードでは使用できる
print(x); // Exception: ReferenceError: Can't find variable: x

このやり方だと1コードあたり1変数名だけに収まる

良いところ 名前の衝突の問題は概ね回避できる
課題点 元々のグローバルスコープが広いという問題は残る

クロージャによる隠蔽

クロージャを活用して外部から見えない名前を作成する

var hoge = (function(){
  var x = {p:3, q:5}
  return function() {return x.p + x.q;}
})();

print(hoge()); // 8

関数スコープによる名前の閉じ込めとクロージャによって関数実行後もローカル変数が生きているという2つの特性を生かした隠蔽方法

アクセス修飾子について

JavaScriptのはprivateやpublicなどアクセス修飾子がない
その代わりに関数スコープとクロージャを使ってアクセス修飾子っぽいことができる

function get_set_class() {
  var x = 0;

  // ここにプライベートは変数や関数を宣言できる

  return {
    // 公開メソッド
    get:function()    {return x;},
    set:function(num) {x = num; return this;} // return thisはメソッドチェーン用
  }
}

var hoge = get_set_class();
print(hoge.get());        // 0
hoge.set(3);
print(hoge.get());        // 3
print(hoge.set(5).get()); // 5 (メソッドチェーン)

// xには直接アクセスできない
print(x);                 // Exception: ReferenceError: Can't find variable: x
print(hoge.x);            // undefined

Share

最近の投稿

NetlifyのSplit TestingとFunctionsについて使い方をまとめる Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

NetlifyとはHTMLなどの静的コンテンツのみで構成されたWebサイトを閲覧できる形で配信するWebサービス GitHubやBitbucket、GitLabなどと連携して使うことができて、リポジトリにプッシュすることで自動でCI/CDを行うことができる、無料枠が豊富で独自ドメインを設定可能

WordPressからJekyll(GitHub Pages)に移行した手順をまとめる。 お金的な事情や使いやすさなどの理由で無料のJekyll+GitHub Pagesに移行した。JekyllとはMarkdown等から静的ページを生成する静的サイトジェネレータ

Scala開発のためにScalaらしさをまとめる 言語設計者の設計思想を元にScalaらしさについてまとめる オブジェクト指向と関数型の融合について

StorybookとはUI開発環境を提供するツール React、React Native、Angular、Vueなどをサポートしている ユーザーは独立した開発環境でコンポーネントを個別に作成して挙動の確認をテストできたり、コンポーネントを一覧にしてカタログ化できるので他の人に紹介する時に使えたりする

カテゴリ一覧

タグ一覧