開発 カテゴリページ

Scala開発のためにScalaらしさをまとめる 言語設計者の設計思想を元にScalaらしさについてまとめる オブジェクト指向と関数型の融合について

前にDoxygenの入門についてまとめたが実際にサンプルを見た方が理解が早いかと思うのでサンプルを作ってみる サンプルのアプリケーションをGitHubに用意して、ドキュメントもGitHub Pagesで見られるようにしてみた

Vue.jsやNuxt.jsで開発をすることになったが 改めて「なんでVue.jsにしたの?」「仮想DOMって?」「SSRって何がいいの?」 など聞かれた時にサラサラと答えられなかったので自分なりにまとめる Vue.jsのトレンドをチェック/Vue.jsのメリット/仮想DOMについて/Nuxt.jsのメリット

Vue.jsのサンプルを作成したので忘れないようにブログにまとめていく Hello Worldぐらいなら作れるけどその次は何をしよう...という人向けに以下の内容を簡潔にまとめていく

Node-REDとは、APIやオンラインサービス、デバイスなどの機能を繋げてアプリケーションを作成していくプラットフォーム 処理フローをブラウザの操作によって作成することができる オープンソースソフトウェアで、Node.jsが動く環境なら何処でも動かせる

GuzzleとはHTTPリクエストを簡単に送信できるPHPのHTTPクライアントである HTTPクライアントの中でも現在最も主流となっていて、複数のリクエストを並列で送信することもできる Guzzleをとりあえず使うところから、並列リクエストの方法も書いてみる

ユーザーから入力された値が問題ないかチェックするバリデーション処理を行うためのPHPライブラリであるRespect/Validationについて触ってみる バリデーション条件も多数あってそれを直感的に使用することができるため導入コストが少ないものとなっている

Reactのサンプルを動かして初めてのReactとして理解を深めていく

HTMLをコンポーネント化する技術であるWeb Componentsについてまとめる Web Componentsに関わる単語の意味とサンプルプログラムを作成してみる

Doctrineを使ってPHPからデータベースを操作する DoctrineとはORMツールである 今回はPHPのマイクロフレームワークであるSlimの中でDoctrineを使ったDB操作サンプルプログラムを試す

PHPコードのチェックをPHP_CodeSnifferとPHPMDで行う 自動でチェックが走るようにGitのHooks機能機能を使ってcommit時に毎回確認するようにする

PHPのSlimフレームワークでMVCを実現させてみる 本サンプルではSlim-Skeletonでスケルトンを作成してから以下の変更を行っている

PHPのフレームワークとしてはCakePHP、CodeIgniter、Symfonyなどがあるが今回はSlimを使ってみる 特徴としては機能数が少ない分シンプルなので小規模のアプリケーション開発に向いている

シンプルなデプロイツールとして知られているCinnamonについて デプロイツールとしてはCapistranoが定番として知られているらしいがRailsを前提としていたり、汎用的な反面裏で何をやっているのかわかりづらい そこでシンプルで使いやすいCinnamonを触ってみる

vim-plugを使ってVimのプラグイン管理を行う Vimには便利なプラグインがあるので少しでも開発効率を上げるために触ってみる

単純なゲームをハックして自動でクリアするようにしてみたいと思います 今回は色彩テストというものを対象にJavaScript (jQuery)を使って自動でクリアさせてみたいと思います

MySQL Sandboxを使うと凄く簡単にMySQL環境の準備を行うことができます、レプリケーション環境も簡単に用意ができるので入門の入門として概要がわかるように簡単に使ってみます

JavaScriptのコードを書く時に問題が無いかツールによるチェックや動作確認を行うための方法を調べる 「Closure Linter」を使ってシンタックスチェックを調べたり、JavaScriptのステップ実行方法をまとめる

2016年3月1日に発表された「Docker Cloud」について調べます Docker CloudとはSaaS(Software as a Service)型のクラウドサービス Docker Cloudはコンテナの実行環境ではなく、対象となる実行環境は既存のクラウドやデータセンターに任せ、それを操作することになる

.vimrcや.bash_profileなどのdotfilesをGitHub管理して 簡単に用意するやり方をまとめます

FuelPHPに触る機会があったのでMVCについて調べつつ0から簡単に記述してみる Modelがデータ取得などデータを扱ってViewが表示部分を担当します ControllerがModelとViewの架け橋となって処理を行います メリットとしては「機能分離」と「再利用性」があります

過去3回に渡ってDockerについて学んでいましたが個人開発環境を整えるためにDockerfileをカスタマイズする

これまでDockerの概要と使い方について学んできましたが、今回はDockerHubとGitHubを連携してGitHubにあるDockerfileから自動でDockerHubリポジトリにimageを追加するやり方を学びます

前回 Docker入門の入門 にてDockerがどういった物かについて調べたので今回は実際にどういうコマンドで実現していくかを見て行きます、主にDocker Hubからimageを取得してcontainerを立ち上げてDocker Hubに登録するところまでを学びます

Dockerとは仮想化環境を実現するためのツールである Dockerを使うことで1つのホストOS上で仮想的に複数のOSを動作させることができる 何を言っても簡単に実行できるのが良い

以前Jenkins入門の入門でJenkinsの概要と導入について調べましたが1歩進んでGitHubと連携してGitにPushした時に自動ビルドを走らせるまでをやってみます ユニットテスト(単体テスト)やビルドなどを自動で走らせたい時に良いかと思います

PerlのTest::Moreについて簡単にまとめます、入門の入門なので短く簡潔に PerlのTest::Moreについて Perlでテストするためのデファクトスタンダードとも言えるモジュールです

PHP5.6より対話型のデバッガーであるphpdbgが同梱されるようになった gdbみたいにブレークポイントなどを設定してステップ実行ができるので1度インストールができてしまえばXDebugよりも楽にデバッグを行うことができる

Doxygenとはドキュメンテーションジェネレータです Doxygenの書き方でソースコードにコメントを書いていくと コメントからドキュメントをHTMLとして自動生成してくれます

cgdbを使ってC言語プログラムのデバッグを行う gdbと違ってcgdbを使うとソースコードを見ながらプログラムのステップ実行が行える

以前Jenkins入門の入門にてCIについてとCIツールであるJenkinsついてまとめましたが、今回は別途話題になっているCircleCIについてまとめてみます JenkinsからCircleCIに乗り換えている人もいるみたいなのでどんなものなのかイメージできるぐらいに調べてみたいと思います

以前Perlのステップ実行方法をまとめましたが今回はPHPについてやり方を調べます、準備からステップ実行方法まで簡潔にまとめます。

PHPUnitについて入門の入門としてまとめます ユニットテスト(単体テスト)とはクラスや関数などプログラムを構成する小さな単位(ユニット)で個々の動作を確認するためのテスト PHPUnitとはPHPでの単体テストをテストするツールである

Perlにはオプションでステップ実行機能が使える 難しい処理などを1行ずつコードを実行していくことができる 是非デバッグ(debug)時に活用したい

Jenkinsについて概要とインストール方法を調べます 継続的インテグレーションとは、狭義的にはソフトウェアやサービス、システムが動作するか、こまめに確認しながら開発を進める開発手法 コピペで始めるJenkins

静的コード解析であるPHPMDとCppcheckについて調べます。静的コード解析について。コンピュータソフトウェアの解析手法の一種であり 実行ファイルを実行することなくソース解析を行う 機械的にチェックを行うことによって文法スタイルの謝りやパターン化されたバグを検出したりする

最近の投稿

Netlify Formsを使ってブログサイトにコメント機能を追加する方法を調べたので紹介 Netlify FormsはNetlifyに標準機能として用意されているフォーム機能 サーバレスなので別途コメント用にサーバを用意する必要がなくHTMLを埋め込むだけで準備できる

TypeScriptの入門の入門チートシート 型の種類や使い方についてまとめていくだけでなく、 TypeScriptについてや必要性などについてもまとめることでこのページでTypeScriptをざっくり理解できる程度の内容を目指す

NetlifyのFormsやSplit Testing、Functionsについて使い方をまとめる FormsはNetlifyに標準機能として用意されているフォーム機能でコメント保存用にサーバを用意する必要がない Split TestingはGitHubのブランチをベースにしたA/Bテストを行うための機能のことで、FunctionsはNetlifyでAWS Lambdaを使うことができる

NetlifyとはHTMLなどの静的コンテンツのみで構成されたWebサイトを閲覧できる形で配信するWebサービス GitHubやBitbucket、GitLabなどと連携して使うことができて、リポジトリにプッシュすることで自動でCI/CDを行うことができる、無料枠が豊富で独自ドメインを設定可能

WordPressからJekyll(GitHub Pages)に移行した手順をまとめる。 お金的な事情や使いやすさなどの理由で無料のJekyll+GitHub Pagesに移行した。JekyllとはMarkdown等から静的ページを生成する静的サイトジェネレータ

カテゴリ一覧

タグ一覧